痩せるのに必要な効果的な栄養とは?

痩せるのに必要な効果的な栄養とは?

栄養,血液,細胞,エネルギー,サプリメント,カルシウム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コンドロイチン」

 

 

※コンドロイチンは加齢とともに減少します。

 

 

コンドロイチンは、20才を過ぎたあたりから徐々に減っていき、

 

 

40才台では、ほとんど生産が止まってしまいます。

 

 

また、コンドロイチンが不足すると新陳代謝が低下するため、

 

 

老化も早まってしまい、軟骨の弾力性や保水性も減ってしまうので、

 

 

関節痛も発症しやすくなってしまうのです。

 

 

★コンドロイチン不足は肌年齢にも影響します。

 

 

新陳代謝が低下してくれば、当然のことながら、皮膚にも影響を与えます。

 

 

巷では「25才はお肌の曲がり角」と言いますが、

 

 

実はこのくらいの年齢から「コンドロイチン」が少なくなってくるからなのです。

 

 

★体の「コンドロイチン」が不足していないかチェックする方法!

 

 

体が思うように動かなくなったと感じている方はいませんか?

 

 

そんな方は、耳の軟骨(外耳)を触ってみてください。

 

 

硬くなっていたらあなたのコンドロイチンは不足しています。

 

 

また、体は思うようにさっさと動かせるという人でも、

 

 

耳の軟骨(外耳)が硬くなっていたら注意が必要です。


2015/11/18 19:55:18 |
ビタミン Dは、カルシウムやビタミン Aの吸収を助けてくれるので、「カルシウム」や「ビタミン A」を体に有効に活かすためには、「ビタミン D」を一緒に摂ることが必要なのです。また、太陽に当たると、ビタミン Dが作られるのですが、ビタミン Dを作るために、太陽光線を長時間浴びる必要はないのです。逆に、シミの原因になったり、皮膚がんの原因になったりしますので、太陽光線を浴びすぎないように注意が必要です。ビタミン Dを多めにとってほしいときがあるのですが、それは、「骨粗鬆症」を防ぎたいときや、「丈夫な歯」をつくりたいときです。他にも、「夜間勤務」が続き日光を浴びる機会がないときや、ひどく日焼けしてい...
2015/11/18 18:48:18 |
1日に必要なカルシウム摂取量は 600rなのですが、日本人の平均的な量は 528rで、その 88%にしかならないので、ほとんどの日本人は「カルシウム不足」の状態と言えます。カルシウムの働きは、一般的に考える骨や歯を丈夫にしたり、作ったりするだけではないのです。カルシウムは、「筋肉の収縮・弛緩」「神経細胞間の情報伝達物質」「ホルモンの分泌」から「肝臓強化」「精神の安定」の作用などもあり、体内の細胞のすべてに影響を与えている重要な栄養素なのです。また、カルシウムは、高齢者の方には特に心配な「骨粗鬆症(こつそしょうしょう) ・骨折・寝たきり」の予防に大きく期待できるのです。カルシウムは必須ミネラルの...
2015/11/18 12:34:18 |
コンドロイチンは、20才を過ぎたあたりからじょじょに減っていき、40才台では、ほとんど生産が止まってしまいます。また、コンドロイチンが不足すると新陳代謝が低下するため、老化も早まってしまい、軟骨の弾力性や保水性も減ってしまうので、関節痛も発症しやすくなってしまうのです。★コンドロイチン不足は肌年齢にも影響します。新陳代謝が低下してくれば、当然のことながら、皮膚にも影響を与えます。巷では「25才はお肌の曲がり角」と言いますが、実はこのくらいの年齢から「コンドロイチン」が少なくなってくるからなのです。★体の「コンドロイチン」が不足していないかチェックする方法!体が思うように動かなくなったと感じてい...